私はあなたを お待ちしております



幾夜幾千幾万の時が 流れたでしょうか



あなたの居ないこの世は 人で溢れています





哀しいかな





食らう者はあなたを捨て



空ろな者はあなたを忘れ



今は私と 切裂く者しか残っていません





私はあなたを お待ちしております





いつあなたがお戻りになられてもいいように



私どもは 備えておきましょう





ああ 目に浮かびます





分かつ者たちが 眠りから覚め



あなたが私どもの元に戻るとき



私はこう答えましょう





マイマスター

48KB

どうぞ何なりとご命令を



≪ BACK      NEXT ≫

[ FAMILIAR・サンの刻 / 幻惑する者 ]

[ 戻る ]